ペット

ペット保険の利便性|大事な家族の病気治療をしっかりサポート

家族を守るため

犬と猫

ペット保険というのは、ペットだけでなく、その家族も守ることになるため、加入しておく価値はあります。また、どれが良いのか迷うなら、インターネットで検索しておくことで、比較できるサイトがありますし、口コミを参考にできて便利です。

Read

ペット向け商品

女性と犬

ペットが病気や怪我をした場合に、一定の割合で医療費を補償するのがペット保険です。ペット保険の内容は、商品によって異なりますので要注意です。従って加入の前に資料請求などを行って、比較をすることが必要となります。

Read

ペットの万一への備え

トイプードル

家族であるペットの健康は、飼い主にとって自分のことのように大切なものです。人間のように社会保険に加入できないペットに代わり、病気やケガなど万一の事態に備えておきたいと考えるのはペットを飼っている人すべてが共有する思いです。その様な飼い主の思いにこたえて誕生したのがペット保険です。ペットの医療費は全額自己負担となるため、ひとたび病気やケガなどに見舞われると高額な治療費が必要となってしまいます。その様な場合でもペット保険に加入していれば、加入時の条件にしたがい必要となる医療費の一部や全額を負担してもらうことができます。そのため動物病院では、できるだけペット保険に加入するようにと呼びかけているところもあります。

ペット保険には民間の医療保険会社が数多く参入しています。保険料やオプションなどによって受けられる補償が変化する点は、人間が加入する医療保険と全く同じシステムとなっているので、加入する際には内容をよく検討してから加入するようにしましょう。ペット保険は月々の保険料が数百円から数千円程度が一般的です。猫の場合は健康寿命が延びているとはいえ、10歳前後から病気などが増えてきます。病気などによって手術が必要となった場合には、医療費が軽く10万円を超えてしまうことを考えると保険に加入しておく方が賢明といえます。補償は書類などによって後日に請求するタイプと、保険会社が発行する保険証を動物病院の窓口で提示して補償を受けるタイプのものが主流となっています。どちらの場合でもしっかりと補償を受けることができるので、自分に合った方法で保険会社を選ぶとよいでしょう。

ペットを飼ったときの心得

ドッグ

動物がほしくても飼えない人たちはたくさんいますが、実際飼い始めたとき必ず入っておきたいのがペット保険です。動物には保険が適用されないことから、いざというときのために備えておくと大きな出費を出さずにすみます。

Read